新学期からの連想~学生手帳の今昔~

入学式 新年度

こんにちは!長谷川です。
いよいよ新年度の始まりですね。

新年度と聞いて、真っ先に思い浮かべるのが学校の入学式ではないでしょうか?

私にとっては、大学ではかれこれ25年以上、高校にいたっては30年以上も前の話になります。

今回は、この新学期の時期に毎年学校からもらう学生手帳について、綴ってみたいと思います。

********************************************

▼目次

①学生手帳のイメージは?

②学生手帳の今・昔

③ワクワクする学生手帳を!

********************************************

①学生手帳のイメージは?

学生手帳というと、皆さんどんなものを思い浮かべますか?
実は、私にとって学生手帳は冴えないイメージしかありません。

具体的に挙げると・・・

①紺色のビニールカバー(地味!高校も大学もそうだった!)

②校則が列挙されている!(これがイメージダウンの原因?)

③学校行事の予定が表記されている

④構内図・施設が紹介されている

⑤身分証明書(学生証を入れていたので)

こんなところでしょうか。

 

②学生手帳の今・昔

私の学生時代は四半世紀も前の話なので、きっとお堅かったのでしょうね。

そこで、今の学生手帳はどうなのか、ちょっと調べてみたら・・・

今は結構おしゃれな学生手帳がたくさんあるんですね。
やはり、隔世の感があります。

もっとも、中学・高校などでは、私立と公立で「おしゃれ度」に格差があるのかもしれません。(私は公立高校でした。)

 

 

 

 

 

 

 

 

③ワクワクする学生手帳を!

学校から支給されるものとはいっても、やっぱり手帳は使う喜びがあったほうがいいですよね。
私ごとではありますが、現在母校の公立高校を支援する法人に関わっていまして、学生向け用品に携わる機会も多くあります。

学校と学生がいっしょになって「ワクワクする学生手帳」を企画する!
そんなことができれば、最高ですね。

実現したら是非ここでご報告させていただきます。

ではまた!